雑感 0045

PC:リモートデスクトップの正しい使い方

01301:[2003 05/09 00:34]~[2003 05/09 12:17] : (PC周り)

この辺を参照。

smart sizing:i:1
connect to console:i:1

をリモートデスクトップの設定ファイル.rdpに追加。

例えば、1600x1200のデスクトップに800x600のNOTEから接続する時に、 smart sizingを付けておく。 付けなかった場合は、ログイン先の解像度が強制的に800x600とかに されて接続になるか、1600x1200の解像度だけどスクロールバーが出るか、になる。 付けると、縮小表示が出来るようになる。 解像度の小さいノートから、解像度の大きいデスクトップに繋げると、 今までだと解像度が変えられてデスクトップのアイコンは位置がいじられるか、 スクロールバーが出て操作が邪魔くさくなるか、だったのが解消。 無論、動作はそれなりに重くなる。

connect to consoleは、多分、接続先がWindows 2003 Server以上の場合にのみ有効。 新規のセッションが造られるのではなく、既存のConsoleセッションに接続できる。 要するに、2000 Serverのターミナルサービス仕様から、 XPのリモートデスクトップ仕様になる。 これを使わないで同じ事をする場合、新規セッションでログインした後で、 コマンドラインからtscon 0とかで、コンソールセッションに繋ぐ 必要がある。ログインが2回起こるのでスタートアップに マウスドライバ関係のヘルパなどが入っていると動作が混乱していた。 ちなみに、ターミナルサービスマネージャからでは、 コンソールセッションに接続できたり出来なかったりするけど、 コマンドラインからは常に出来るような気がする。詳しく調べていないので不明。 ヘルプにも載ってるけど、.rdpに書かなくても、コマンドラインオプションでも指定可能。

元 先

ちなみに、smart sizingで、リモートとローカルの解像度を合わせて フルスクリーンにすると、基本的にDot by Dotで、 いつものフルスクリーン表示になりそうなんだけど、所々壊れる。 フォントの色によって(?)再レンダリングされている感じ。

で、connect to consoleはコマンドラインオプションが、 一応ヘルプにも載っているので良いんだけど、 どうしてsmart sizingのようなすばらしい機能がどこにも記載されていないんだか。 これでSSHのポートフォワードで使えなかったバグも解決してるし、 完璧、と思っていたら落とし穴。 smart sizing互換モードでは動かないらしい。 互換モードを全て試したところでは、ローカル接続チェックのバグが発生するOS互換モードで、smart sizingを 追加するとエラーメッセージが何も出ず接続出来ない。 2つの機能が綺麗に排他利用になっている。 なんかこう・・・mstsc.exeかmstscax.dllに対するパッチでも無いんだろうか。

ニュース:「印鑑万能」でトラブル続発、民訴法条文削除へ動き

01303:[2003 05/09 21:03]~[2003 05/09 21:05]

盗まれた通帳から印影をもとに精巧な偽造印が作られるケースって、 やっぱりどう考えてもその程度の技術は存在するわけで、 印鑑システムが未だに使われてるのがおかしい。

PC:ゼンリン電子地図帳Z[zi:]に突っ込み倒す

01310:[2003 05/12 16:56]~[2003 05/12 17:19] : (PC周り)

I-O DATAのケータイサイトGPSにバンドルされていた地図ソフト。 まず、ネットワーク先のCD-ROMからのインストールに非対応。 いかにも軽量NOTEにインストールしそうなソフトが何故ローカルのCD-ROMから しかインストール出来ないか小一時間問いつめてみたい。 めんどくさいっての。

次にシリアル入力。一般論として、まず一端、全てのユーザーが 犯罪者の可能性があると仮定した後で、シリアルを知っているユーザのみを正規ユーザと見なすシステム。 特に実効が有るとも思えないキータイプの強要。 シリアルが違うらしく蹴られる。 英字の'O'は含まれていません。全て数字の'0'ですと、 シリアル番号シールに明記された上、インストールダイアログにも注意書きが書いてある。 なら、入力された英字の'O'を全て数字の'0'に置換する、とか言うシステムは実装できないものか? 全て半角で入力してくださいとかも、自動変換できないものか?

とかあたりのインストール時恒例の心の突っ込みは置いといて、本題。 本題がなければいちいち気にするほどの事でもないんだがここまでは。 結論から言うと今回のはシリアルのタイプミスは無し。 印刷されたシリアル自体が間違ってるらしい。 印刷物に0が一個足りない。 ・・・正規ユーザを犯罪者と認識するシステムを売りつけた割にどこにも謝罪文らしい物が見あたらないんだが。 と言うか、この手の欠陥情報はトップページに載せてほしい。 I-O DATAのページでも トップにはなくてFAQを掘り下げていくと見つかる。 もしかしてトップページに載せきれないほどこの手の欠陥があるとか?

PC:新製品情報(PK-AX20)

01314:[2003 05/16 22:55]~[2003 05/16 22:57] : (PC周り)

250GBになって復活。 ついでに、AX-10の隠し端子もファームウェアで利用可能に。 大分見直した>NEC。 ってか、なお、AX10にはUSB 2.0端子/光デジタル出力端子ともに装備はしていたものの、出荷時にフタをかぶせて機能を制限していた。フタを取り外し、アップデータを適用することで、AX20と同等の機能が利用可能となる。って 家電業界初(笑)? これが家電なのかどうか分からんが。 うーむ・・・USB外付け差し替えHDDか。 まあ考えとこう。 あんまり意味はないけど。

ペットボトルのリサイクル(02)

01315:[2003 05/16 23:04]~[2003 05/16 23:14]

表 裏

ゴール。 むやみに大量のペットボトル飲料を消費して、それらのペットボトルをリサイクルに回すことで、 全体としてのリサイクル率を高めようという環境に優しい運動。 2周目。 見た目の違いは分からないけど(笑)。 次からシールを90度ずつ回すとかで違いを出してみるかな。 132日。大体、土日を除く曜日に消費しているから実質94日ぐらい。 1日1.5本。

PC:サーバの再起動

01320:[2003 05/22 23:19]~[2003 05/22 23:27] : (PC周り)

ちょっとした拍子にサーバを再起動。 ブラックアウトした後戻ってこない。 深く埋めてあるからめんどくさいんだが、しょうがないのでキーボードを引っ張り出して、 CTRL+ALT+DEL。多分、どれかのキーが押し続けられていたんだと思う。 モニタはどっかに繋いでいた気がするけど気のせいだったらしいので 繋げるためにケーブルを取り出してモニタの裏に手を伸ばしたところで、 カリカリとようやく起動音が聞こえる。 で、起動したのにIPMasqが効かない。さんざん調べてようやく気づいたんだけど、

echo 1 >/proc/sys/net/ipv4/ip_forward

とすべきところが、

echo 1>/proc/sys/net/ipv4/ip_forward

となっていたのが原因。 ・・・むう。

トレカの期待値

01322:[2003 05/24 14:30]~[2003 07/25 18:04]

「d枚買って全n枚のトレーディングカードをコンプリートする確率を求めよ」って ものすごく有りそうな問題なのに、高校時代の確率統計の試験とかで出てこないよなぁ、 と、前から思っていたんだけど。 試しに考えてみると結構深い。 前にどなたか数学の先生がおっしゃってた、 欧米の教育ではまず、『微分できるかどうか?』と言う判定を 学生に練習させて、その後、実際に微分すると言う方向に進む。 日本の教育はいきなり微分できる問題だけを与えて微分させるとか 言うのの一端かと思う。 まともに解けそうにない問題は存在自体を抹消するという。 で、「全n枚のトレカをd枚買ったら、そのうちターゲットにしているc枚全てが含まれていた、という確率」を考えてみる。 まず、

f(n,c,d) : 1~n で構成された長さdの配列うち、1~cを1回以上含むものの数

を考える。

f(n,c,d) = [f(n,c,d)で数えられる配列のうち、d-1番目までが1~cを全て含む場合の配列の総数]
         + [f(n,c,d)で数えられる配列のうち、d-1番目までが1~cのうちどれか1個でも含まない場合の配列の総数]   (1)

と分ける。(1)の第1項を展開して、

[f(n,c,d)に含まれる配列のうち、d-1番目までが1~cを全部含む場合の配列の総数]

       = [d-1番目までが1~cを全て含み、d番目が1の配列の総数] +
         [d-1番目までが1~cを全て含み、d番目が2の配列の総数] +
                            :
         [d-1番目までが1~cを全て含み、d番目がnの配列の総数]

とできる。 右辺の全ての項が示す配列は全て同じ数だけ存在する(d番目は固定しているので それ以外の条件を満たす配列の数のみ考えれば良い)ので、

[d-1番目までが1~cを全部含む場合の配列の総数] = [d-1番目までが1~cを全て含む配列の総数] * n
                                              = f(n,c,d - 1) * n

と出来る。次に、(1)の右辺第2項は、「各1 ≤ x ≤ cなるxに対して、d-1番目までがx以外のc以下の全てを含み、 xを含まず、d番目がx」と出来るので、

[f(n,c,d)で数えられる配列のうち、d-1番目までが1~cのうちどれか1個でも含まない場合の配列の総数]
       = [d-1番目までが2~nで構成され、          2~cを全て含み、       d番目が1となるの配列の総数] + 
         [d-1番目までが1、3~nで構成され、       1、3~cを全て含み、    d番目が2となるの配列の総数] + 
         [d-1番目までが1~2、4~nで構成され、    1~2、4~cを全て含み、 d番目が3となるの配列の総数] + 
                                             :
         [d-1番目までが1~c-1、c+1~nで構成され、1~c-1を全て含み、     d番目がcとなるの配列の総数] + 

右辺の各項に対して、その項で注目している要素xに対して、配列の要素 {1,...,x - 1,x, x - 2,...,n}{1,...,x - 1, x - 1,...,n,x}に置換 (x番目を詰めて配列の最後に移動)すると、

[f(n,c,d)で数えられる配列のうち、d-1番目までが1~cのうちどれか1個でも含まない場合の配列の総数]
       = [d-1番目までが1~n-1で構成され、1~c-1を含み、d番目がnの配列の総数] +
         [d-1番目までが1~n-1で構成され、1~c-1を含み、d番目がnの配列の総数] +
                          :
         [d-1番目までが1~n-1で構成され、1~c-1を含み、d番目がnの配列の総数]

となり、最終的に、

[f(n,c,d)で数えられる配列のうち、d-1番目までが1~cのうちどれか1個でも含まない場合の配列の総数]
       = [d-1番目までが1~nで構成され、1~cを全部含む配列の総数] * c
       = f(n-1,c-1,d-1) * c

と出来る。結論としては、

f(n,c,d) = f(n,c,d-1) * n + f(n-1,c-1,d-1) * c

漸化式を解こうとしてみたけどちょっとまともな式にはなりそうにないので諦め。 是非とも、n → ∞ な時の挙動を調べてみたかったんだけど。

で、ざっと計算するスクリプトを組んでみた。 よく見るまでもなく3次元配列は無くても出来るはずのところをめんどくさくてほってあったり、 float計算の誤差を考えるのがめんどくさくて、長桁整数で出来るとこまでやってみたりしているような鈍くさいスクリプトだけど 実用的な範囲で割と解が出る。 出力は、買った枚数期待値の計算途中その時までにコンプリートしている確率。 期待値は、繰り返し計算で収束したらその辺りが期待値、と言う仕様。 全探索するスクリプトと小さい値の範囲でざっと比較して一致したから、多分↑の式で間違っていないと思うけど、 もし間違っているのを発見されたら是非ご一報を。

いくつか計算してみると、

全種類目当ての枚数何枚買えば95%の確率でコンプリートするかコンプリートするまでに買う枚数の期待値
13枚7枚62枚約33.7枚
13枚13枚70枚約41.3枚
50枚50枚341枚約225.0枚

こんなの。

グラフ

さらにスクリプト計算して みるとこんなかんじ。 もっと指数で発散するかと思ったんだけどこの辺までなら割と緩やか。 やっぱり、n → ∞してみたい。 数値計算でも鈍くさい部分を修正したらもうちょっと進められるかな。

ところで、ふと思ったんだけど、「嬉しい物ほどレア」が鉄則の様な気がするけど、 実は、「嬉しくない物ほど出にくい」の方が売れたりするってことはないかね? 「嬉しい物ほど出やすい」と言われたら、境界線上のユーザーが買いやすくなるし。 境界線を越えて遙か内側なとことん集めるユーザーは、そもそも、 嬉しかろうと嬉しくなかろうとコンプリートを目指すわけでそっちに対する売り上げは 減るどころか増えるかもしれないし(笑)。

PC:リモートデスクトップを多重化

01327:[2003 05/29 23:54]~[2003 05/29 23:54] : (PC周り)

リモート

してみたと言うだけ。思ったよりは実用的。

DICOMO2003:行き飛行機

01338:[2003 06/03 11:51]~[2003 06/03 23:04] : (DiCoMo2003)

空港で機内で食べる弁当を買って乗り込み。 そこで買った弁当を手荷物検査にかけるというのも 何となく虚しい。 それで引っかかったらかっこいいんだが。

中村がむやみに危険物チェックに引っかかる。 新手の軟派? ところで、1回通ってひっかかった 場合に2回目通ってOKなら可ってシステムは セキュリティー的にどうなんだろうとちらっと思う。

雪山 雪山

なんか雪山。 日本海の海岸線からこんなに近い距離にあるもんなのか。

フライトアテンダントの方に、上田様?と聞かれる。 誕生日割引の記念品とか粗品らしい。 教授の誕生日割引に便乗していたので、上田様じゃないけどあっちと、 近くの空席に移動されてた教授の方を指す。 こういう場合に示す時って外部の人対応に当たるから 自社の目上は呼び捨てで良い? でもこっちが客だし、これ自体は仕事じゃないし・・・・。 分からん。

ところで、誕生日割引の過激な割引率を悪用すると 誕生日が近い人間をダミーとして混ぜて無意味に往復させたら その方が得、とか言うことができそうな気がする。 誕生日ブローカー。

新茶

新茶が出た。

襟裳岬

襟裳岬。言われるままに写真を撮ってみたり。

PC:PPCでショートカットを#n:で書いてみた

01339:[2003 06/04 00:16]~[2003 06/04 00:23] : (PC周り)

NOTEとか微妙に違う環境でも同じPPX.CFGが共通に使えた方が 便利だと思ったので、その辺の差を吸収しようかと。 自分のMy Documentsへのショートカットを#5:¥で定義すると、ユーザー名無視したり できて良いかと思ったので。 が・・・コレにすると、My Documentsに移動したつもりで ファイルには普通にアクセスできるけど、実際はカレントディレクトリが#5:¥になっているので、BSで 上のディレクトリに移動できないし、¥C:¥に移動もできない。 ・・・・こういう落とし穴があったのか。

禁煙このページは禁煙です。

雑感

目次
このページのインデックス
最古のページ
前のページ
次のページ
最新のページ
最新の日記
最新20件
RSS

Twitter

2003年5月

123
4567
自動時刻合わせ
89
PC:今日のCD-ROM置き場
PC:リモートデスクトップの正しい使い方
ニ:「印鑑万能」でトラブル続発、民訴法条文削除へ動き
10
1112
PC:ゼンリン電子地図帳Z[zi:]に突っ込み倒す
13141516
PC:新製品情報(PK-AX20)
ペットボトルのリサイクル(02)
17
1819202122
PC:サーバの再起動
2324
トレカの期待値
2526272829
PC:リモートデスクトップを多重化
3031

2003年6月

123
DI:行き飛行機
DI:阿寒湖への道
DI:会場
4
PC:PPCでショートカットを#n:で書いてみた
DI:開場準備
DI:匠
DI:夕食(1)
DI:浴衣
5
DI:朝食(1)
DI:昼食(1)
DI:食する店
DI:アウトドアセッション
DI:夕食(2)
DI:おみやげ
6
DI:昼食(2)
DI:帰りバス
DI:阿寒湖畔
DI:オンネトー
DI:ログハウス
7
8
DI:帰り
91011
月間ACSII 2003/06の燃料電池の記事
操作無しで相談に応じる看板
12
最:携帯禁止車両
1314
蝋燭の日
15
映:WATARIDORI
PC:DiMAGE Xtの使い勝手
1617
ニ:職員採用試験で非喫煙者を優遇 神奈川・大和市
181920
あめ
不携帯
向いてないストラップ
21
未来の話
222324
PC:偽マクセルメディア
PC:HDDのGB単価が80円切り
25262728
散:メディアあれこれ
映:THE CORE
ゲ:A列車で行こう THE 21ST CENTURY
2930

前のページ
インデックス

01339-01301:[2003 07/25 18:04]

 
 
 
 
このページの
インデックス

01339-01301:[2003 07/25 18:04]

次のページ
インデックス

01339-01301:[2003 07/25 18:04]

目次 このページのインデックス 最古のページ 1つ前のページ 1つ次のページ 最新20件 RSS