東野研メンバー紹介  東野研トップページ
 
俺の愛車 前田 久美子
大阪大学 大学院情報科学研究科 情報ネットワーク学専攻 東野研究室D3
研究テーマ:ネットワークシミュレーション,無線ネットワーク,移動モデル
現在MobiREALチーム代表

VC++ Windows Programming
JavaScriptカレンダー予定帳
ぷろふぃ〜る
戯言

- Biography -

Kumiko Maeda
She received the M.E. Degree in Information and Computer Science from Osaka University in 2006.
She is currently a Ph.D. student in Department of Information Networking, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University.
Her research interests include mobile ad-hoc networks, network simulation and mobility models.
She is a student member of Information Processing Society of Japan (IPSJ).


- Publications -

Journal Papers
  1. Kumiko Maeda, Akira Uchiyama, Takaaki Umedu, Hirozumi Yamaguchi, Keiichi Yasumoto, Teruo Higashino, "Urban Pedestrian Mobility for Mobile Wireless Network Simulation", Ad Hoc Networks, Elsevier, Vol.7, No.1, pp.153-170, 2009.
  2. Akira Uchiyama, Kumiko Maeda, Takaaki Umedu, Hirozumi Yamaguchi, Teruo Higashino, "Performance Evaluation of Mobile Wireless Communication and Services with Modeling of Real Environment", International Journal of Ad Hoc and Ubiquitous Computing, Inderscience Publishers, Vol.2, No.4, pp.239-249,2007.

International Conference
  1. Kumiko Maeda, Keisuke Nakata, Takaaki Umedu, Hirozumi Yamaguchi, Keiichi Yasumoto, Teruo Higashino, "Hybrid Testbed Enabling Run-time Operations for Wireless Applications", Proceedings of the 22nd ACM/IEEE/SCS Workshop on Principles of Advanced and Distributed Simulation (PADS 2008), pp. 135-143, Rome, Italy, June 2008.
  2. Akira Uchiyama, Sae Fujii, Kumiko Maeda, Takaaki Umedu, Hirozumi Yamaguchi and Teruo Higashino, "Ad-hoc Localization in Urban District", Proceedings of the 26th Annual IEEE Conference on Computer Communications (INFOCOM2007), pp. 2306-2310, Anchorage, Alaska, USA, May 2007.
  3. Kumiko Maeda, Takaaki Umedu, Hirozumi Yamaguchi, Keiichi Yasumoto, Teruo Higashino, "MobiREAL : Scenario Generation and Toolset for MANET Simulation with Realistic Node Mobility", Proceedings of the 7th International Conference on Mobile Data Management (MDM2006), CD-ROM, Nara, Japan, May 2006.
  4. Kumiko Maeda, Kazuki Sato, Kazuki Konishi, Akiko Yamasaki, Akira Uchiyama, Hirozumi Yamaguchi, Keiichi Yasumoto, Teruo Higashino, "Getting Urban Pedestrian Flow from Simple Observation: Realistic Mobility Generation in Wireless Network Simulation", Proceedings of the 8th ACM/IEEE International Symposium on Modeling, Analysis and Simulation of Wireless and Mobile Systems (MSWiM2005), pp. 151-158, Montreal, Quebec, Canada, Oct. 2005.
  5. Kazuki Konishi, Kumiko Maeda, Kazuki Sato, Akiko Yamasaki, Hirozumi Yamaguchi, Keiichi Yasumoto, Teruo Higashino, "MobiREAL Simulator - Evaluating MANET Applications in Real Environments", Proceedings of the 13th Annual Meeting of the IEEE International Symposium on Modeling, Analysis, and Simulation of Computer and Telecommunication Systems (MASCOTS2005), pp. 499-502, Georgia Tech. Hotel and Conference Center, Atlanta, Georgia, USA, Sep. 2005.
 
国内論文誌
  1. 前田 久美子,中村 雅俊,梅津 高朗,山口 弘純,東野 輝夫,"時刻により変化する都市歩行流を再現するモビリティモデルの提案と評価",情報処理学会論文誌,社団法人 情報処理学会,Vol.49,No.10,pp.3622-3630,2008年(推薦論文).
  2. 前田 久美子,梅津 高朗,山口 弘純,安本 慶一,東野 輝夫,"ネットワークシミュレータMobiREALを用いたモバイルアドホックネットワークシステムの開発環境",情報処理学会論文誌,社団法人 情報処理学会,Vol.48,No.7,pp.2238-2245,2007年(推薦論文).
  3. 前田 久美子,小西 一樹,佐藤 和基,山口 弘純,安本 慶一,東野 輝夫,"現実的なシミュレーションシナリオが記述可能な無線ネットワークシミュレータMobiREAL",情報処理学会論文誌,社団法人 情報処理学会,Vol.47,No.2,pp. 405-414,2006年.
 
国内学会・シンポジウム
  1. 前田 久美子,中田 圭佑,梅津 高朗,山口 弘純,東野 輝夫,"市街地における歩行者移動モデルによる無線ネットワークシミュレーションへの影響",平成20年度 情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集,pp.337-340,京都府 京都リサーチパーク,2008年10月.
  2. 前田 久美子,中田 圭佑,梅津 高朗,山口 弘純,安本 慶一,東野 輝夫,"実時間インタラクティブシミュレーションによる無線通信アプリケーションの性能試験",マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2008)論文集,pp.1113-1120,北海道定山渓ビューホテル,2008年7月.
  3. 中田 圭佑,前田 久美子,梅津 高朗,山口 弘純,東野 輝夫,"災害救助・避難訓練を目的とした無線ネットワークシステムの開発支援環境の提案",マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2008)論文集,pp.1987-1994,北海道定山渓ビューホテル,2008年7月.
  4. 前田 久美子,中村 雅俊,梅津 高朗,山口 弘純,東野 輝夫,"時刻により変化する 都市歩行流や交通流を再現する モビリティモデルの提案と評価",マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2007)論文集,pp.230-237,三重県 戸田家,2007年7月.
  5. 中村 雅俊,前田 久美子,山口 弘純,東野 輝夫,"ペアワイズテストを応用した無線ネットワークの性能評価技法",マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2007)論文集,pp. 460-467,三重県 戸田家,2007年7月.
  6. 藤井 彩恵,内山 彰,前田 久美子,梅津 高朗,山口 弘純,東野 輝夫,"少ない基準位置情報を移動無線端末間で補完する都市部向け位置推定手法の提案",第14回マルチメディア通信と分散処理(DPS)ワークショップ,pp.67-72,鹿児島,2006年11月.
  7. 前田 久美子,梅津 高朗,山口 弘純,安本 慶一,東野 輝夫,"ネットワークシミュレータMobiREALを用いたモバイルアドホックネットワークシステムの開発環境",マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2006)論文集,pp. 397-400,香川県 琴平グランドホテル,2006年7月.
  8. 前田 久美子,佐藤 和基,山口 弘純,安本 慶一,東野 輝夫,"LP手法を用いた都市歩行者モビリティモデルの形成",電気系3学会ITS合同研究会,Vol.2005,No.89 (2005-ITS-22),pp. 41-46,東京都 機械振興会館,2005年9月.
  9. 佐藤 和基,前田 久美子,山崎 亜希子,内山 彰,山口 弘純,安本 慶一,東野 輝夫,"現実的な環境下でMANETシステムを性能評価するための無線ネットワークシミュレータMobiREAL",マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2005)論文集,pp. 589-592,岩手県 ホテル志戸平,2005年7月.
  10. 前田 久美子,佐藤 和基,小西 一樹,内山 彰,廣森 聡仁,山口 弘純,安本 慶一,東野 輝夫,"携帯端末の現実的な移動モデルを表現可能なネットワークシミュレータの設計と実装",第119回マルチメディア通信と分散処理・第24回電子化知的財産・社会基盤合同研究発表会,Vol.2004,No.89 (2004-DPS-119, 2004-EIP-25),pp. 21-27,北海道 北海道大学,2004年9月.
 
−受賞・表彰−
  1. 2008年8月22日 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2008)優秀論文賞 受賞
  2. 2008年7月11日 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2008)ヤングリサーチャー賞(プレゼンテーション賞) 受賞
  3. 2008年7月11日 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2008)野口賞(デモンストレーション賞) 受賞
  4. 2007年8月24日 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2007)優秀論文賞 受賞
  5. 2006年12月1日 第14回マルチメディア通信と分散処理(DPS)ワークショップ 最優秀論文賞(Best Paper Award)受賞
  6. 2006年8月21日 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2006)優秀論文賞 受賞
  7. 2006年3月24日 大阪大学情報科学研究科賞 受賞
  8. 2005年8月29日 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2005)優秀論文賞 受賞
  9. 2005年7月8日 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2005)野口賞(デモンストレーション賞)受賞
 
東野研メンバー紹介  東野研トップページ