日本学術会議 第10回情報学シンポジウム

主 催
日本学術会議 情報学委員会
後 援
大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立情報学研究所(NII)
日 時
平成29年1月12日 (木) 13:30〜18:00
場 所
日本学術会議 講堂(東京都港区六本木7-22-34)
アクセス
東京メトロ千代田線「乃木坂」駅5出口

開催趣旨

本シンポジウムでは、情報学分野の最近の研究動向に関連した講演とパネル討論を行い、情報学の発展を促す施策からその社会的インパクトまで、情報学を取り巻くさまざまな話題に関する議論を行う。情報学におけるホットな話題としてIoT、ビッグデータ、人工知能、サイバーセキュリティなどが学術界でも産業界でも、また我が国のみならず世界中で注目を集めている。これらの分野の研究が進展することで、日常生活でも産業分野でもネットワーク化・スマート化がさらに進むことが予見されており、我が国では第5期科学技術基本計画で提唱された超サイバー社会、米国では Smart and Connected Communities などのビジョンが語られている。また、学術の発展に目を向けると、オープンサイエンスが果たす役割も重要である。情報学に関わるこのような技術の高度化や基盤の整備が、未来の社会にどのようなインパクトを与えるかについて議論を深めたい。

そのために、米国NSF及び中国CCFからは招待講演者をお招きし、情報学分野の最近の研究戦略に関して講演をいただく。我が国の動向に関しては、文部科学省より、情報通信分野に関連する最近の施策の動向、さらに国の科学技術政策の推進に関わる情報学分野への期待・要望等に関する講演をいただく。情報学委員会からは、最近の活動状況を紹介する。そして、パネル討論では、オープンサイエンスに関する議論を行う。これらにより、現況における情報学分野の位置付けを明確にした上で、情報学委員会の審議活動につなげたいと考えている。

プログラム 【今後、内容に多少の変更が生じる場合があります】

13:30-13:50
開会挨拶と情報学委員会報告
喜連川 優 (日本学術会議第三部会員、大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立情報学研究所所長)
13:50-14:20
「情報通信分野に関連する最近の施策の動向の紹介」
榎本 剛 (文部科学省研究振興局参事官(情報担当))
14:20-15:10
招待講演 [slides]
Computer and Information Science and Engineering at the US National Science Foundation: a Perspective
Jim Kurose(Assistant Director, National Science Foundation)
Abstract: The mission of the Directorate of Computer and Information Science and Engineering (CISE) at the US National Science Foundation is to uphold the nation's leadership in scientific discovery and engineering innovation through its support of fundamental research in computer and information science and engineering and transformative advances in cyberinfrastructure. In this talk, we briefly overview the activities of the CISE directorate and the broader US academic research community, and discuss CISE’s leadership of ongoing as well as developing national computing-related initiatives.
15:10-16:00
招待講演
A glance at research and development on computer science for last 30 years in China
Wen Gao(President, China Computer Federation)
Abstract: In last 30 years, with the high speed economic growing in China, computer industry has become one of the major components in whole economic engine. China now own many top ranking record in computer related industry, such as top one in PC manufactory, top one in smart phone manufactory, top one in number of internet user, top one in number of e-commerce user, and so on. The progresses of research and development in computer science are also extremely in high speed, for example, China is the top country on published SCI papers in artificial intelligence, and China owns the No. 1 supercomputer ranking amount top 500 supercomputers since June of 2013. The reason of this great achievement is partly from China’s large market requirement, partly from Chinese government set up the special policy to engage the innovation activities, but more important reason actually is from the rich basic research funding environment and rich human resource. In this talk, I will overview the status and some key results in R&D of computer science in China, in particular on supercomputer, IoT and machine learning, and give my view on its possible future movement.
16:00-16:15
休憩
16:15-16:30
文部科学省研究振興局からあいさつ/施策説明
関 靖直(文部科学省研究振興局長)
16:30-16:45
講演
「オープンサイエンスへの提言」
土井美和子(日本学術会議第三部会員、国立研究開発法人情報通信研究機構監事)
16:45-17:00
講演
「オープンサイエンス、研究データ基盤をめぐる国際動向」
村山泰啓(日本学術会議第三部特任連携会員、G7 オープンサイエンス作業部会日本代表委員、ICSU-WDS 国際委員、国立研究開発法人情報通信研究機構研究統括)
17:00-17:50
パネル討論 「オープンサイエンスの展望」
  • Jim Kurose(Assistant Director, National Science Foundation)
  • 原山 優子(総合科学技術・イノベーション会議議員)
  • 大西 隆(日本学術会議会長・第三部会員、豊橋技術科学大学学長)
  • 羽入 佐和子(国立国会図書館館長)

  • 喜連川 優 (日本学術会議第三部会員、大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立情報学研究所所長)
17:50-18:00
閉会挨拶
徳田 英幸 (日本学術会議第三部会員、慶應義塾大学環境情報学部教授)

本件に関する問い合わせ先

荒川 薫 (第10回情報学シンポジウム実行委員長、情報学委員会幹事)
kara(a)meiji.ac.jp ((a)を@に置き換えてください)

参加申込み

下記の事項を明記の上、メールでお申込みください。

(1) お名前:
(2) ご所属:
(3) E-MAIL:
(4) 今後の広報を充実させるべく可能な範囲で本シンポ情報を得られた状況をご教示下さい。
(a) 学会等のメイリングリスト(学会名   )
(b) 会社や大学内からの案内
(c) その他 (     )
(5) 今後の日本学術会議情報学委員会に関するご連絡を希望されますか? 
Yes / No
(6) 連絡事項:

参加申込みメール送付先

安達 淳 (国立情報学研究所)
scj_informatics (a) nii.ac.jp ((a)を@に置き換えてください)

▲ページトップへ戻る