日本学術会議 第9回情報学シンポジウム

主 催
日本学術会議 情報学委員会
後 援
大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立情報学研究所(NII)、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)
日 時
平成28年1月12日 (火) 13:00〜17:00
場 所
日本学術会議 講堂(東京都港区六本木7-22-34)
アクセス
東京メトロ千代田線「乃木坂」駅5出口

開催趣旨

本シンポジウムでは、情報学分野の最近の研究動向に関連した講演とパネル討論を行い、情報学の発展を促す施策からその社会的インパクトまで、情報学を取り巻くさまざまな話題に関する議論を行う。情報学におけるホットな話題として IoT、ビッグデータ、人工知能などが学術界でも産業界でも注目を集めている。これらの分野の研究が進展することで、多数のネットワーク化された機器から収集された、多様で大量のデータを、統合的かつ知的に、しかも実時間で解析・活用できる時代の到来が予見される。日常生活空間や生産の場にこのような技術を応用・適用することで、その空間や場を「賢いシステム」として再定義するスマートシティやインダストリ4.0なども現実のものとなるであろう。情報学に関わるこのような技術の高度化が、未来の社会にどのようなインパクトを与えるかについて議論を深めたい。

そのために、米国NITRD及び駐日EU代表部からは招待講演者をお招きし、情報学分野の最近の研究戦略に関して講演をいただく。我が国の動向に関しては、文部科学省より、情報通信分野に関連する最近の施策の動向、さらに国の科学技術政策の推進に関わる情報学分野への期待・要望等に関する講演をいただく。情報学委員会からは、最近の活動状況、特に、今年度公表予定の「情報学分野の参照基準」を紹介する。そして、パネル討論では、第5期科学技術基本計画におけるITに関する議論を行う。これらにより、現況における情報学分野の位置付けを明確にした上で、情報学委員会の審議活動につなげたい。

プログラム

13:00-13:10
開会挨拶と情報学委員会報告
喜連川 優 (日本学術会議第三部会員、大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立情報学研究所所長)
13:10-13:55
招待講演
"An overview of three U.S. Initiatives in Networking and Information Technology: Big Data, Smart Cities, and Strategic Computing"
Keith Marzullo (Director, National Coordination Office for NITRD)
[Abstract] Three recent initiative by the U. S. Government all have a “big data” component: the Big Data Initiative (March 2012), Smart Cities Initiative (September 2015) and the National Strategic Computing Initiative (July 2015). I will give an overview of these three initiatives, including their shared interest in “big data”, and discuss activities being done by agencies and being coordinated by the Networking and Information Technology Research and Development (NITRD) program.
13:55-14:40
招待講演
"EU's ICT Strategy and Research Programmes"
Leonidas Karapiperis (Head of Science and Technology Section, Delegation of the European Union to Japan)
[Abstract] Information and Communication Technologies underpin innovation and competitiveness across private and public sectors and enable scientific progress in all disciplines. Consequently, EU has a comprehensive ICT strategy, which is fully integrated in its overall policy objectives, as expressed in the current Juncker Commission's 10 priorities. It has been crystallised in the recently adopted "Digital Agenda for Europe". Support for ICT plays a central role in Horizon 2020, EU's EUR 80 billion Research and innovation Programme (2014-2020). As with Horizon 2020 in general, the funding for ICT focuses on innovation, ensuring that the R&D in ICT technologies leads to tangible benefits for the economy and society. The presentation will outline EU's overall ICT strategy and will concentrate on the related research and innovation activities of Horizon 2020. It will also describe the latter's international cooperation strategy, with a particular focus on Japan.
14:40-15:00
休憩
15:00-16:00
パネル討論 「第5期科学技術基本計画におけるIT」
モデレータ:
喜連川 優 (日本学術会議第三部会員、大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立情報学研究所所長)
パネリスト:
  • 安西 祐一郎 (独立行政法人日本学術振興会理事長)
  • 久間 和生 (総合科学技術・イノベーション会議議員)
  • 篠原 弘道 (日本電信電話株式会社副社長)
16:00-16:25
講演
「情報通信分野に関連する最近の施策の動向の紹介」
榎本 剛 (文部科学省研究振興局参事官 (情報担当))
16:25-16:55
講演
「情報学分野の参照基準」
萩谷 昌己 (日本学術会議第三部会員、東京大学情報理工学系研究科教授)
16:55-17:00
閉会挨拶
徳田 英幸 (日本学術会議第三部会員、慶應義塾大学環境情報学部教授)

※講演者、講演題名等に変更が生じる場合がございますのでご承知おきいただきたくお願い申し上げます。

本件に関する問い合わせ先

荒川 薫 (第9回情報学シンポジウム実行委員長、情報学委員会幹事)
kara(a)meiji.ac.jp ((a)を@に置き換えてください)

参加申込み

下記の事項を明記の上、メールでお申込みください。

(1) お名前:
(2) ご所属:
(3) E-MAIL:
(4) 今後の広報を充実させるべく可能な範囲で本シンポ情報を得られた状況をご教示下さい。
(a) 学会等のメイリングリスト(学会名   )
(b) 会社や大学内からの案内
(c) その他 (     )
(5) 今後の日本学術会議情報学委員会に関するご連絡を希望されますか? 
Yes / No
(6) 連絡事項:

参加申込み締切: 現在申し込みは300名を既に超えており、近々、満員になり次第締め切らせて頂きます

参加申込みメール送付先

安達 淳 (国立情報学研究所)
scj_informatics (a) nii.ac.jp ((a)を@に置き換えてください)

▲ページトップへ戻る