日本学術会議 第8回 情報学シンポジウム (終了)

主 催
日本学術会議 情報学委員会
後 援
独立行政法人科学技術振興機構(JST)、大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立情報学研究所(NII)
日 時
平成27年3月9日 (月) 13:00~17:40
場 所
日本学術会議 講堂(東京都港区六本木7-22-34)
アクセス
東京メトロ千代田線「乃木坂」駅5出口

開催趣旨

本シンポジウムは、日本学術会議の第23期における最初の情報学シンポジウムである。そこで、最初に、情報学委員会および各分科会の今期の活動予定を紹介する。次に、文部科学省より、情報通信分野に関連する最近の施作の動向の紹介、さらに国の科学技術政策の推進に関わる情報学分野への期待・要望等に関する講演をいただく。

その後に、情報学におけるホットな話題として、ビッグデータを活用した新たな知能情報処理の展開の兆しが生まれつつあることから、脳型プロセッサの動向、さらに、当該技術の進展に伴う社会規範について二件の講演と議論を行う。近年、ディープラーニングなどの脳に近い計算モデルに基づく知能情報処理の技術が急速に進展しており、さまざまな分野で注目を集めている。また、従来のものより集積度も電力効率もはるかに高い脳型プロセッサの開発も進んでいる。このような情報学に関わる技術の高度化が、未来の社会にどのようなインパクトを与えるか、また,そのときに倫理的,法的,社会的な問題にどう取り組んでいくかなどについて議論を展開したい。

最後に、ここまでの議論を踏まえ、パネル討論により、第5科学技術基本計画向けたICTに関する議論を行う。これにより、現況における情報学分野の位置付けを明確にした上で、第23期の情報学委員会の審議活動につなげたいと考えている。

プログラム

13:00-13:05
開会挨拶
喜連川 優 (日本学術会議第三部会員、大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立情報学研究所所長、情報学委員会委員長)
13:05-13:25
情報学委員会報告
喜連川 優 (日本学術会議第三部会員、大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立情報学研究所所長、情報学委員会委員長)
13:25-13:50
招待講演
「情報通信分野に関連する最近の施策の動向の紹介」
榎本 剛 (文部科学省研究振興局 参事官 (情報担当))
13:50-14:40
招待講演
“The Coming Revolution in Neuromorphic Computing: Hardware and Software”
Brent Hailpern (Head of Computer Science, IBM Research)
[Abstract] As the roadmap for the conventional von Neumann architecture "tops out", alternative computing architectures become increasingly interesting. Probably the most exciting alternative computing model is based on the functioning of the human brain: neuromorphic computing. With the advent of the True North chip, pioneered by Dr. Dharmendra Modha and his team at IBM Research - Almaden, the era of brain-based processors has begun. This talk will summarize some of the advancements in the underlying hardware for neuromorphic computing, the necessary first steps in software to support that hardware, and the challenges that face us to integrate these new hardware and programming paradigms into our software engineering and DevOps lifecycles.
 
14:40-15:10
招待講演
“A Tale of Two Cyber-Futures: (how) might science policy today shape our "Super-Cyber" societies of tomorrow?”
Jason Blackstock (Department for Science, Technology, Engineering and Public Policy, University College London, UK)
[Abstract] Emerging cyber technologies continue to reshape the way humans interact — both with each other, and with the physical world around us — altering the social dynamics that underpin our modern societies. As new cyber technologies increasing integrate (converge) with new physical and biological technologies, the pace and magnitude of these changes promises to continue accelerating. From security to equality, social wellbeing to individual freedom, these changes have profound implications for our modern and future societies. Starting from a series of contrasting examples, this talk will explore particularly how contemporary science policy — integrating interdisciplinary (spanning social and natural sciences) policy-oriented research, alongside broader open policymaking — might enable an adaptive governance approach to shaping our modern societies’ “super-cyber” futures.
15:10-15:40
招待講演
“Will the Super-Cybersociety Make Us More or Less ‘Human’?”
Steve Fuller (Chair in Social Epistemology, University of Warwick, UK)
[Abstract] ‘Humanity’ has always better captured an aspiration of Homo sapiens than the species’ actual living conditions. Many argue that ‘emerging technologies’ will simply make the task of raising the entire species to a common level of ‘humanity’ more difficult, as the difference between the ‘haves’ and ‘have-nots’ increases. I believe that certainly the potential exists for that to happen. However, my attitude is similar to that of Karl Marx vis-à-vis the industrial mode of production under capitalism. Left to its own devices, capitalism does indeed increase class divisions until they become unbearable. However, socialism is capable of harnessing capitalism’s best features, including its productivity and efficiency, to ends that serve humanity more equitably. In our time, ‘information’ broadly construed – from the genetic code to digital programming – is the new mode of production that currently exists in a relatively unregulated capitalist environment. I will consider the sorts of legal arrangements that are necessary for the information mode of production to result in a just social order, thereby reducing what many fear to be an emerging asymmetry between, so to speak, the ‘knows’ and the ‘know-nots’.
15:40-16:00
休憩
16:00-17:30
パネル討論「第5期科学技術基本計画に向けたICT」
●コーディネータ:
喜連川 優 (日本学術会議第三部会員、大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立情報学研究所所長、情報学委員会委員長)
●パネリスト:
中村 道治 (独立行政法人 科学技術振興機構 理事長)
西尾章治郎 (日本学術会議連携会員、大阪大学大学院情報科学研究科教授、文部科学省総合政策特別委員会委員)
中西 宏明 (総合科学技術・イノベーション会議議員、株式会社 日立製作所代表執行役 執行役会長兼CEO)
土井美和子 (日本学術会議第三部会員、独立行政法人 情報通信研究機構監事、情報学委員会委員)
17:30-17:40
閉会挨拶
徳田 英幸 (日本学術会議第三部会員、慶應義塾大学環境情報学部教授、情報学委員会副委員長)

※講演者、講演題名等に変更が生じる場合がございますのでご承知おきいただきたくお願い申し上げます。

本件に関する問い合わせ先

荒川 薫(第8回情報学シンポジウム実行委員長、情報学委員会幹事)
kara(a)meiji.ac.jp ((a)を@に置き換えてください)

参加申込み

下記の事項を明記の上、メールでお申込みください。[締切日:平成27年2月28日(土)]
満員につき締め切りました。ありがとうございました。

(1) お名前:
(2) ご所属:
(3) E-MAIL:
(4) 連絡事項:

参加申込締め切り日: 平成27年3月8日(日)

参加申込みメール送付先

安達 淳(国立情報学研究所)
e-science-sec(a)nii.ac.jp ((a)を@に置き換えてください)

▲ページトップへ戻る