年度:

2013年度 学術論文誌 / Journals

  1. 山口 弘純, 廣森 聡仁, 東野 輝夫, 梅原 茂樹, 浦山 博史, 山田 雅也, 前野 誉, 金田 茂, 高井 峰生:
    密な基地局群の無線相互干渉調停のための空間分割スケジューリング技術
    情報処理学会論文誌, 2014年2月 (採録決定).
  2. 内山 彰, 勝田 悦子, 上嶋 祐紀, 山口 弘純, 東野 輝夫:
    都市区画におけるGPS衛星の見通し判定を用いた位置精度向上法の提案
    情報処理学会論文誌, Vol. 55, No. 1, pp. 389-398, 2014年1月.
  3. 金田 茂, 高井 峰生, 山口 弘純, 東野 輝夫:
    アブストラクト干渉モデルによる 大規模ITS無線システムシミュレーションの高速化
    情報処理学会論文誌,Vol. 55, No. 1, pp. 354-365, 2014年1月.
  4. 金谷 拓実, 廣森 聡仁, 山口 弘純, 東野 輝夫:
    現実的な都市環境モデリングに基づく行動センシングシステムシミュレータの設計開発
    情報処理学会論文誌, Vol. 54, No. 11, pp. 2371-2382, 2013年11月.
  5. Kazushi Ikeda, Gen Hattori, Chihiro Ono, Hideki Asoh and Teruo Higashino:
    Twitter User Profiling based on Text and Community Mining for Market Analysis
    Knowledge-Based Systems, Vol.51, pp.35-47 (Oct., 2013).
  6. 樋口 雄大, 山口 弘純, 東野 輝夫:
    デッドレコニングとBluetoothの受信電波強度を用いたスマートフォンユーザ間の位置関係認識
    情報処理学会論文誌, Vol. 54, No. 8, pp. 2048-2060, 2013年8月.
  7. Noboru Kiyama, Akira Uchiyama, Hirozumi Yamaguchi and Teruo Higashino:
    Quantifying Relationship between Relative Position Error of Localization Algorithms and Object Identification
    Wireless Networks (Springer), Vol. 19, No. 6, pp.1037-1049, (Aug., 2013).
  8. Takamasa Higuchi, Hirozumi Yamaguchi and Teruo Higashino:
    Mobile Node Localization Focusing on Stop-and-Go Behavior of Indoor Pedestrians
    IEEE Transactions on mobile Computing, (2014)
  9. Akira Uchiyama, Sae Fujii, Kumiko Maeda, Takaaki Umedu, Hirozumi Yamaguchi and Teruo Higashino:
    UPL: Opportunistic Localization in Urban Districts
    IEEE Transactions on mobile Computing, Vol. 12, No. 5, pp.1009-1021, (May, 2013).

2013年度 国際会議 / International Conferences

  1. Hirozumi Yamaguchi, Akihito Hiromori, Teruo Higashino, Shigeki Umehara, Hirofumi Urayama, Masaya Yamada, Taka Maeno, Shigeru Kaneda and Mineo Takai:
    A Novel Scheduling Algorithm for Densely-Deployed Wireless Stations in Urban Areas
    Proceedings of the 16th ACM International Conference on Modeling, Analysis and Simulation of Wireless and mobile Systems, pp. 317-326, (Nov., 2013).
  2. Yuma Akai, Akihito Hiromori, Takaaki Umedu, Hirozumi Yamaguchi and Teruo Higashino:
    Mitigating Location and Speed Errors in Floating Car Data using Context-based Accuracy Estimation
    Proceedings of the 13th International Conference on ITS Telecommunications, (Nov., 2013).
  3. Akira Uchiyama, Etsuko Katsuda, Yuki Uejima, Hirozumi Yamaguchi and Teruo Higashino:
    GPS Line-Of-Sight Fingerprinting for Enhancing Location Accuracy in Urban Areas
    Proceedings of the 4th International Conference on Indoor Positioning and Indoor Navigation, pp. 827-830, (Oct., 2013).
  4. Yusuke Wada, Takamasa Higuchi, Hirozumi Yamaguchi and Teruo Higashino:
    Accurate Positioning of mobile Phones in a Crowd using Laser Range Scanners
    Proceedings of the IEEE 9th International Conference on Wireless and mobile Computing, Networking and Communications, pp.430-435, (Oct., 2013).
  5. Shigeto Tajima, Nobuo Funabiki, Teruo Higashino:
    An extension of clustering algorithm for considering link speed in wireless mesh networks
    IEEE 2nd Global Conference on Consumer Electronics, GCCE 2013, Tokyo, Japan, 1-4 October 2013 500-504 2013年
  6. Akihito Hiromori, Hirozumi Yamaguchi and Teruo Higashino:
    Sensor Placement Optimization Method for People Tracking
    Proceedings of the 7th International Conference on Next Generation mobile Applications, Services, and Technologies 2013, pp.62-67, (Sep., 2013).
  7. Shunsuke Mori, Takaaki Umedu, Akihito Hiromori, Hirozumi Yamaguchi and Teruo Higashino:
    Data-Centric Programming Environment for Cooperative Applications in WSN
    Proceedings of the IFIP/IEEE International Symposium on Integrated Network Management, pp. 856-859, (May, 2013).

2013年度 国内学会・研究会 / Domestic Conferences

  1. 濱谷尚志, 内山彰, 東野輝夫:
    ウェアラブルセンサを用いた発汗量推定モデルのパラメータ調整に関する一検討
    情報処理学会第76回全国大会 3U-2 2014年3月
  2. 宵憲治, 山口弘純, 廣森聡仁, 内山彰, 東野輝夫, 柳谷尚寿, 中谷俊和, 立花篤男:
    多数のセンサーによる時空間センシングデータの集約圧縮方式の一検討
    電気情報通信学会2014年総合大会講演論文集 2014年3月
  3. 上嶋祐紀, 内山彰, 山口弘純, 東野輝夫:
    三次元都市モデルとGPS信号のSNRを用いた携帯端末の存在領域判定
    研究報告モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL) 2014-MBL-70(32) 1-8 2014年3月
  4. 前川勇樹, 内山彰, 山口弘純, 東野輝夫:
    鉄道におけるBluetooth受信特性を用いた乗車車両および混雑の推定手法
    研究報告高度交通システム(ITS) 2014-ITS-56(17) 1-8 2014年3月
  5. 宵 憲治, 山口 弘純, 廣森 聡仁, 内山 彰, 東野 輝夫, 柳谷 尚寿, 中谷 俊和, 立花 篤男:
    B-15-15 多数のセンサーによる時空間センシングデータの集約圧縮方式の一検討(B-15モバイルネットワークとアプリケーション,一般セッション)
    電子情報通信学会総合大会講演論文集 2014(1) 2014年3月
  6. 大坪 泰秀 , 梅津 高朗 , 東野 輝夫 :
    LEDによる通信・測距デバイスを用いた協調型車両位置推定手法の提案
    研究報告高度交通システム(ITS),2013-ITS-54(4),1-8 (2013-08-26)
  7. 山口 弘純, 廣森 聡仁, 樋口 雄大, 内山 彰, 梅津 高朗, 東野 輝夫, 孫 為華, 下條 真司, 山口 容平, 下田 吉之:
    共有空間の「ひと」「くうき」「きもち」を一体化する「ひとなび」のコンセプトとビッグデータ蓄積に向けた実証実験 (モバイルネットワークとアプリケーション)
    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(168) 13-18 2013年8月
  8. 金田 茂 , 前野 誉 , 高井 峰生 , 樫原 茂 , 山口 弘純 , 東野 輝夫 :
    DTNを対象としたONEシミュレータとScenargieの機能比較と考察
    研究報告マルチメディア通信と分散処理(DPS),2013-DPS-155(19),1-5 (2013-05-16)

2013年度 講演 / Invited Talks

  1. Hirozumi Yamaguchi and Teruo Higashino:
    Location and Situation-Awareness for Disaster Medicine
    Invited Session Talk, the 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC’13), July 2013
  2. 山口弘純 :
    サイバーフィジカルシステムのための 位置・行動・環境センシング技術
    奈良先端科学技術大学院大学ゼミナール講演,2013年6月10日
  3. Teruo Higashino:
    ICT Research for Constructing Disaster Resilient Urban Environments
    NSF/JST Workshop: Examining and Prioritizing Collaborative Research Opportunities in BigData and Disaster Response

2013年度 著書・訳書・解説等 / Edited Books

  1. 山口弘純(分担執筆):
    自動車オートパイロット開発最前線 ~要素技術開発から社会インフラ整備まで~
    株式会社エヌ・ティー・エス , 2014年4月 .

2013年度 その他 / Others


Copyright(c) 2018 Higashino Lab. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com