back
 
VC++ Windows Programming
 
 
VC++ による Windows アプリケーションのプログラミングについて自分の覚え書き目的にまとめているページです.
使用ソフトはMicrosoft Visual C++ 6.0 ,MFCは使わずに,Win32API SDKを用いた方法を説明します.
機能をインデックスとした関数逆引き形式を目指しています.
内容のレベルはある程度PCに慣れてて,ある程度プログラムをかじったことある人程度向けだと思います. C言語ぐらいはできるよね?
 

Section1. ウインドウを作る
 プログラムの骨格となる部分.ここから始まります.
  1. VCに自動で作らせる
  2. 自分で作る
  3. 細かい事  ウインドウ作成に使う関数や構造体の説明.ひたすら引数やメンバの説明. 書くのも読むのもめんどくさいので必要な時だけ読め.
  4. ウインドウプロシージャ(コールバック関数)  主なメッセージ一覧(ノーマルウインドウ編)つき
Section2. 描画
  1. 描画の基礎  基本的にわからない人や,あれ,画面の内容が変わらないと思った時はここ.
  2. テキスト描画
  3. 図形描画
  4. 図形の色を変える
  5. ウインドウサイズの取得  他にも画面サイズやクライアント領域の取得も
Section3. ユーザインタフェース
  1. マウス入力
  2. キー入力
Section4. ビットマップ画像
 この辺から変な命令がたくさんでてきてややこしくなる.
  1. ビットマップ画像の表示(ファイルから)
  2. ビットマップ画像の表示(リソースから)
  3. 画像サイズの取得
Section5. ファイル入出力
  1. ファイル入出力
  2. オープンファイルダイアログ
Section6. メニューバー
 メニューバーぐらいつけないとかっこつかないだろう.
  1. リソース記述
  2. プログラム記述
  3. 応用編  ボタンをチェックしたり選択不可にしたり追加したり削除したり. あとリソースファイルなしでメニューを作る方法とか.
Section7. ダイアログ
  1. メッセージボックス  OKやキャンセルなど意思確認を行うための簡単なダイアログ
  2. テンプレートダイアログ リソース記述  複雑なものも作れる
  3. テンプレートダイアログ プログラム記述  ダイアログ用コールバック関数とかも
  4. テンプレートダイアログ キーボードインタフェース  カーソルキーやTabを使ったダイアログ操作について
  5. ボタンとかのデザインをXP仕様にする
Section8. コントロール
 ダイアログのリソースの書き方,プログラムでの扱い方とか.
  1. ボタン類  プッシュボタン,チェックボックス,ラジオボタン,グループボックス
  2. スタティック類  テキスト,アイコン,ビットマップ
 コモンコントロール
  1. トラックバー (スライダー)
Section9. 描画(実践編)
 がんがんアニメーションとかやりたい人に
  1. 描画の基礎(実践編)  描画の手順とか,デバイスコンテキストについて.
  2. アニメーション  タイマを使った簡単なアニメーションについて
  3. 小手先の技術でちらつきを抑える
  4. メモリデバイスコンテキスト  小手先ではどうしようもないちらつきに
Section10. スクロールバー new
  1. スクロールバー  これが結構面倒なんだ.
  2. 自作クラス:Scroller  画像用スクロール補助クラス
  3. 自作クラス:ZoomScroller  拡大縮小機能付きスクロール補助クラス
 

サンプルアプリケーション
 せめてこれ作れるレベルまでは説明したい.  

 
back